Page: 2/3  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
北海道上川支庁管内上川郡上川町大雪高原温泉
北海道の温泉

大雪高原温泉(たいせつこうげんおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡上川町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉です。

大雪高原温泉への交通アクセスは、

鉄道・バスとも運行されていないので、自家用車かレンタカーを利用しなくてはなりません。

層雲峡温泉からは、温泉街にあるタクシー会社のタクシーを利用するのが一般的であります。

国道39号を大雪湖の交差点で三国峠方向に進み、国道273号から標識に従って砂利道の林道へ分岐し10kmぐらいです。

林道は未舗装かつ幅も狭いため、運転には細心の注意を払う必要があります。

泉質は、単純酸性泉 (p.H. 2.7)

源泉温度 : 71.2度

大雪高原温泉の温泉街は、「日本一の紅葉」がみられる高原沼めぐりや大雪山登山基地の起点となっています。

紅葉のシーズンは車両規制がなされるほど大変混雑をします。

例年6月上旬〜10月上旬までの営業と、休業期間が長いので注意が必要です。

一軒宿の「大雪高原山荘」は、日本秘湯を守る会に加盟しています。

北海道では珍しい、源泉掛け流しの白濁湯です。


レジャーに関しては、ヒグマ情報センターがあります。

温泉宿の周辺には、大小の沼(いわゆる「高原沼」)が点在しており、これらの沼を約3時間で一周する約7kmの木道の遊歩道が整備されています。

特に、夏場から紅葉の時期にかけては、沼巡りに訪れる観光客で混雑します。

ただし、この一帯はヒグマの生息地帯でもあるため、ヒグマの出没により沼巡りの遊歩道が閉鎖されることも多いです。

なお、温泉宿の横にある環境省のヒグマ情報センターが、沼巡りコースの起点・終点となっています。

遊歩道への立ち入りは入山届が必要で、時間も入山が7時から13時まで、15時までに下山することとなっているので注意が必要です。




| aristo380 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道上川支庁管内上川郡東川町中岳温泉
北海道の温泉

中岳温泉(なかだけおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡東川町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある、大雪山旭岳山系、中岳の花畑の中に湧く秘湯です。

中岳温泉への交通アクセスは、

アクセス道から見える白鳥の雪渓(2006年7月)旭川市街からバスで旭岳温泉まで約70分、そこからロープウェイに乗って姿見の池に下車後、徒歩約2時間くらいです。

このアクセス道は裾合平と呼ばれる高原を、秀麗な旭岳を右手に見ながら、チングルマの咲き誇る花畑の中を歩くコースです。

途中の道は7月まで雪渓が残り、ぬかるみが続くので、登山靴や長靴の使用をおすすめします。

また高山なので雨具・防寒具は必携。愛山渓温泉へ行く分岐点から右に30分ほど登った渓谷沿いにあります。

泉質と効能については、

硫黄臭がします。

泉温はかなり高くそのままでは熱すぎて入れないので、付近の雪渓から流れ出ている渓流水を引き込んで調節します。

この温度調整はシャベルまたは手により、湯船に流れ込む水路を土木工事して実施します。

湯船横の岩を脱衣置き場に利用できます。


湯船と手入れ用のシャベル山旅の疲れに効果があります。

足湯だけでも気持ち良く疲労回復の効果があるが、全身浴は開放感もあって格別であります。

入湯後は肌がすべすべになります。

温泉街はありません。

誰かのシャベルで掘った湯船と登山道以外、人間が作ったものは見当たらない野湯であります。

周辺はハイマツが茂りツガザクラの咲く花畑で、本格的秘湯としてアウトドア派の注目を集めています。

ただし時期によっては長湯は禁物であります。

付近には季節によっては虻が多く発生し、人の気配に集合し裸でいることは無防備であります。

また、ヒグマの生息地帯でもあるため、熊除けの鈴持参などの対策は欠かせないです。


| aristo380 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道宗谷支庁管内枝幸郡枝幸町歌登温泉
北海道の温泉

歌登温泉(うたのぼりおんせん)は、北海道宗谷支庁管内枝幸郡枝幸町(旧蝦夷地、明治以降の旧北見国)にある温泉です。

歌登温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線音威子府駅下車、車で50分。

泉質は、含炭酸重曹泉

源泉温度11℃

歌登温泉の温泉街は、日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた「うたのぼりグリーンパークホテル」、「朝倉旅館」の2軒があります。

歌登温泉の歴史は、

1975年-旧歌登町が「南宗谷健康回復センター」開設

1989年-「うたのぼりグリーンパークホテル」開設
| aristo380 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道留萌支庁管内苫前郡初山別村初山別温泉
北海道の温泉

初山別温泉(しょさんべつおんせん)は、北海道留萌支庁管内苫前郡初山別村(旧蝦夷地、明治以降の旧天塩国)にある温泉です。

初山別温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線幌延駅下車バス約1時間10分

泉質は、ナトリウム塩化物泉

源泉温度11℃

初山別温泉の温泉街

日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた「しょさんべつ温泉・岬の湯」の一軒宿 です。

初山別温泉は、2001年-開湯 です。
| aristo380 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(1) |
北海道宗谷支庁管内枝幸郡枝幸町枝幸温泉
北海道の温泉

枝幸温泉(えさしおんせん)は、北海道宗谷支庁管内枝幸郡枝幸町(旧蝦夷地、明治以降の旧北見国)にある温泉です。

枝幸温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線音威子府駅下車バス約1時間

泉質は、カルシウム・ナトリウム―硫酸塩泉

源泉温度47.3℃

枝幸温泉の温泉街

日帰り入浴施設と宿泊施設を併設した「枝幸温泉ホテルニュー幸林」の一軒宿です。

枝幸温泉の歴史は、1998年-開湯 です。
| aristo380 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道上川支庁管内空知郡上富良野町十勝岳温泉
北海道の温泉

十勝岳温泉(とかちだけおんせん)は、北海道上川支庁管内空知郡上富良野町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉です。

交十勝岳温泉への通アクセスは、

鉄道 : 富良野線上富良野駅よりバスで約45分。

泉質は、硫酸塩泉

源泉温度30〜70℃

赤褐色にごり湯の源泉と透明湯の源泉が存在します。

十勝岳温泉の温泉街は、標高1,290mの高所、温泉名の由来ともなっている十勝岳の中腹に温泉地が存在します。

北海道で最高所の温泉地でもあります。

登山基地として利用する人も多いところです。

温泉地へのアクセス道路の終点には、登山客用の駐車場が備えられており、またここから登山道が伸びています。

旅館は4軒存在します。

共同浴場などはなく、日帰り入浴は旅館の日帰り受付を利用することになります。

十勝岳温泉の歴史は、

当地に宿泊施設が誕生したのは1963年(昭和38年)であります。

当地にある旅館「凌雲閣」が山小屋として営業を始めました。

温泉地へのアクセスは登山道しか存在しなかったが、1966年(昭和41年)に道路が開通してアクセスが向上しました。

1967年10月19日 - 厚生省告示第420号により、国民保養温泉地に指定されました。

| aristo380 | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道上川支庁管内上川郡美瑛町白金温泉
北海道の温泉

白金温泉(しろがねおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡美瑛町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉であります。

付近は白樺林がとても多く美しいところです。

白金温泉への交通アクセスは、

自動車 : 美瑛町市街から20分、旭川空港から40分、旭川市から50分、富良野市から50分。

鉄道 : 最寄の駅は富良野線美瑛駅。美瑛駅からはバスでアクセス。

バス : 美瑛駅前より、道北バスを利用。所要26分。旭川駅前からの直通バスもある(全便美瑛経由)。

5月中旬から11月中旬までは、十勝岳温泉、吹上温泉へは車で15分ほどで行くことができるが、冬季は道道が通行止めとなるため、大回りしなければならなくなります(その際は、上富良野を経由する)。

泉質は、芒硝泉

源泉温度46〜55℃

神経痛に対する効能が高いとされ、「杖忘れの湯」といわれています。

白金温泉の温泉街は、十勝岳の山麓に6軒の旅館が存在します。

共同浴場はありません。

日帰り入浴施設は1軒、「国民保養センター」があります。

国設のキャンプ場やパークゴルフ場もあります。


白金温泉の観光名所としては、望岳台、不動の滝、美瑛青池、白金インフォメーションセンター(喫茶店・パークゴルフ場併設)、美郷不動尊、白金模範牧場、白金野鳥の森 などがあります。


| aristo380 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道上川支庁管内上川郡上川町層雲峡温泉
北海道の温泉

層雲峡温泉(そううんきょうおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡上川町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)の層雲峡地区にある温泉で、北海道有数の規模を誇る温泉街を形成されています。

近年、温泉街の中心部はカナダの山岳リゾートを模した「キャニオンモール」として整備され、他の温泉街とは一味違った欧米風な雰囲気を醸しだしていて面白いところです。


層雲峡氷瀑まつり毎年冬には「層雲峡氷瀑まつり」が開催され、多くの観光客で賑わっています。

特に台湾などのアジアからの観光客に人気が高いところです。

層雲峡温泉への交通アクセスとしては、

鉄道:石北本線・上川駅からバス利用する方法です。

路線バス:(旭川駅〜)上川駅〜層雲峡間に道北バスが路線を運行しています。

上川駅〜層雲峡間で約30分、旭川駅〜層雲峡間で約1時間50分くらいです。

都市間バス:以下に掲げられた地区からは、それぞれ以下の都市間バスが利用できます。

いずれも都市間路線ゆえドアクローズとなっており、旭川方面へは利用できません(旭川方面へは一般路線バス利用となる)。

特急石北号 - 温根湯温泉・留辺蘂・北見

ノースライナーみくに号 - 十勝三股・糠平温泉・上士幌・士幌・音更・帯広

サンライズ旭川釧路号 - 津別・阿寒湖・釧路

などがあります。

泉質は、単純温泉、硫黄泉です。

温泉街は、国道39号沿い、層雲峡の渓谷の底に位置します。

13軒のホテル・旅館が存在するほか、温泉街の中に環境省の層雲峡ビジターセンターがあります。

近くには大雪山黒岳スキー場や、層雲峡・黒岳ロープウェイ、キャンプ場があります。

温泉街には、「黒岳の湯」という名称の温泉公衆浴場があります。

大雪高原牛(アンガス種と呼ばれるカナダ原産の肉牛)やニジマス、山菜などを使った料理が名物となっています。

層雲峡温泉は春夏秋冬とても人気が高い温泉です。

特に紅葉の時期はとても綺麗なところですね。



| aristo380 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道宗谷支庁管内枝幸郡浜頓別町浜頓別温泉
北海道の温泉

浜頓別温泉(はまとんべつおんせん)は、北海道宗谷支庁管内枝幸郡浜頓別町(旧蝦夷地、明治以降の旧北見国)にある温泉です。

浜頓別温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線音威子府駅下車バス約1時間30分または宗谷本線南稚内駅下車バス約2時間10分

泉質は、ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉

源泉温度47.5℃

浜頓別温泉の温泉街は、クッチャロ湖湖畔に日帰り入浴施設と宿泊施設を併設した「はまとんべつ温泉ウイング」と「北オホーツク荘」あります。

浜頓別温泉の歴史は、1996年-開湯 です。
| aristo380 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道上川支庁管内中川郡美深町びふか温泉 正式には美深温泉です
北海道の温泉

びふか温泉(びふかおんせん)は、北海道上川支庁管内中川郡美深町(旧蝦夷地、明治以降の旧天塩国)にある温泉です。

正式名称は美深温泉です。

びふか温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線美深駅下車バス約20分

泉質は、塩化物、炭酸水素塩泉

源泉温度19.9℃

びふか温泉の温泉街は、国道40号道の駅びふか内に林業保養センターびふか温泉があります。

歴史は、

1980年-林業保養センター開業しました。

当初は天塩川の川の水を沸かしており「温泉」ではなかったようです。

1990年-地下500mから冷鉱泉を掘り当てて「林業保養センターびふか温泉」となりました。
| aristo380 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode