スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
北海道檜山支庁管内檜山郡上ノ国町 湯ノ岱温泉
北海道の温泉

湯ノ岱温泉(ゆのたいおんせん)は、北海道檜山支庁管内檜山郡上ノ国町(旧蝦夷地、明治以降の旧渡島国)にある温泉です。

同名の温泉が存在する。

秋田県北秋田市にある温泉は、湯ノ岱温泉

秋田県湯沢町にある温泉は、秋ノ宮温泉郷

湯ノ岱温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 江差線湯ノ岱駅より徒歩約10分くらいです。

泉質は、炭酸水素塩泉(緩和制低張徴温泉)、単純温泉

源泉温度42℃

炭酸水素塩泉の色は湯船で濁っています。

効能

リウマチ性疾患、創傷、慢性湿疹、角化病、虚弱児童、女性性器慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症、月経障害、更年期障害

※注 : 効能は万人に対して効果を保証するものではないです。

湯ノ岱温泉の温泉街は、

天ノ川沿いに温泉地が広がります。

宿泊施設は「国民温泉保養センター・宿泊施設あすなろ荘」と「温泉旅館湯ノ岱荘」(日観連指定)の2軒であったが国民温泉保養センターは現在宿泊は受け付けていません。

近くの天ノ川では釣りを楽しむことができ、また冬場は湯ノ岱スキー場にてスキーを楽しむことができます。

湯ノ岱温泉の歴史は、

昭和49年3月30日 - 環境庁告示第34号により、国民保養温泉地に指定されました。



| aristo380 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:15 | - | - |
Comment








Trackback

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode