スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
北海道渡島支庁管内山越郡長万部町 二股ラヂウム温泉
北海道の温泉

二股ラヂウム温泉(ふたまたらぢうむおんせん)は、北海道渡島支庁管内山越郡長万部町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

二股温泉、二股ラジウム温泉、二股らぢうむ温泉など、複数の名称で呼ばれています。

二股ラヂウム温泉への交通アクセスは、

鉄道:函館本線長万部駅よりタクシーで約30分くらいです。

宿泊の場合、送迎車あります。

泉質は、二股ラヂウム温泉石灰華含ラジウム-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。

源泉温度46℃。

源泉に含まれる石灰分によって形成される石灰華が特徴であります。

旅館の傍には巨大な石灰華ドームが形成されており、北海道の天然記念物にも指定されています。

アメリカのイエローストーン国立公園とここにのみ存在すると言われています。

源泉に瓶を一ヶ月浸して石灰分を表面に付着させて作成する、「湯の花の置物」が温泉の名物の一つとして売店で売られています。

二股ラヂウム温泉の温泉街は、

長万部の市街地から山間部へ入った奥地に、一軒宿の「二股らぢうむ温泉」が存在します。

建物は新しく湯治場としての機能は残しているものの、以前の秘湯の雰囲気は大きく後退しました。

二股ラヂウム温泉の歴史

二股ラヂウム温泉露天風呂

長万部町による石灰華の説明書き明治時代から湯治場として開かれています。

開湯伝説によれば、熊が温泉につかっている所をアイヌの人々が発見したとされています。

効能は、古くから知れ渡っており、戦前は帝国陸軍の保養施設としても使われていました。

国道から離れた雪深い奥地であり、温泉旅館の維持の困難さから何度か経営者が代わっています。

近年では、2000年頃に消費者金融の三和ファイナンスが旅館を買収しました。

二股らぢうむ温泉と名称を変え、経営が続けられているが、以前の雰囲気が著しく損なわれました。

三和ファイナンスは買収後、木造旅館を建て替えたほか、男女別の浴場を改修しました。

このため混浴は露天風呂のみとなっています。

この際、名物であった石灰華ドーム内の浴場が撤去されたこと、また、日帰り入浴料金が500円から1,000円に値上げされたこともあり、昔からの温泉客を落胆させました。

2002年頃から、広告で「2週間の湯治で椎間板ヘルニアが良化しなければ代金を返す」旨を謳っていたことを、公正取引委員会は景品表示法違反(優良誤認)に当たると判断、温泉側に対して警告を与えました。

この警告は、温泉の分野では初のケースであり、表示方法について業界内に波紋を広げることとなりました。

2007年現在、「2週間以上療養し、お客様自身が良化の兆候がないと感じ申告した場合は、宿泊費用の全額を返還します。」という表示をホームページ等で行っています。







| aristo380 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:08 | - | - |
Comment








Trackback

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode