Page: 1/3   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
北海道標津町川北 川北温泉
北海道の温泉

川北温泉(かわきたおんせん)は、北海道標津町川北にある温泉であります。

川北温泉交通アクセスは、

標津市街から斜里町方面へ国道244号を進み、笹の沢林道に入りダートを約5キロメートルです。

標津市街方面からは、川北温泉方面を示す道路標識があります。

もしくは、標津町川北より林道を約11キロメートルです。

林道は、おおむね冬からゴールデンウィーク以降までの間、積雪のため通行できません。

また、災害により通行不能になることもあります。

泉質は、食塩硫化水素泉

源泉温度 : 59.6℃ (加水している)

効能は、神経痛、婦人病、リウマチ、皮膚病など

※効能は万人にその効果を保証するものではないです。

温泉地は、原生林の中にある野趣あふれた露天風呂であります。

日帰り入浴ができ、利用料は無料です。

湯の色は乳白色で、湯温は比較的高めであります。

かつてはこの地に町営温泉施設が存在していたが、風雨被害により倒壊し、浴場を残して取り壊されました。

その後、地元の有志により、脱衣所、休憩所、トイレが整備され、以後浴場の清掃を含め、施設管理がボランティアで行われています。

地元客のほか、北海道好きの旅行者等が訪れています。

設備に関しては、

かつて存在した建物の浴場の一部が、浴槽を含めて現存しており、ここが現在も浴場として利用されています。

屋根はなく、壁もほとんどない状態で、野天風呂になっています。

男女別の簡易な更衣室があります。

浴室も男女別であるが、男女浴室間の壁は170センチメートル程度であり、また仕切り内に穴があります。



宿泊施設はない。キャンプ禁止の掲示がされており、また付近はヒグマの生息地であり、その旨の注意書きもある。
| aristo380 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道相泊温泉
北海道の温泉

相泊温泉(あいどまりおんせん)とは、北海道羅臼町にある温泉のことです。

海岸線の際にあり、砂利を掘って木枠で囲った湯船が設置されています。


相泊温泉への交通アクセスは、

北海道道87号知床公園羅臼線を羅臼町市街地から北上へ。

終点付近です。

泉質は、食塩泉

源泉温度は50度前後。

温泉街は、ありません。

近隣に夏期のみ営業の民宿が1軒あります。

近隣に番屋多数、相泊漁港有ります。

注意点は、

開湯期間は、不定期(夏期限定)であります。

男女別の浴室となっており、ベニア板やブルーシートで囲われてはいるものの、波浪や台風の襲来などで破壊されたり、湯船自体が埋まることもあるので、確実に入りたいのであれば、それなりの準備や確認が必要があります。

近隣の空き地、海岸付近に広がる砂利のスペースはコンブ干場となっています。

車両の立ち入りはもちろんのことキャンプは厳禁であります。



| aristo380 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道十勝支庁管内河東郡鹿追町 山田温泉
北海道の温泉

山田温泉(やまだおんせん)は、北海道十勝支庁管内河東郡鹿追町(旧蝦夷地、明治以降の旧十勝国)にある温泉です。

山田温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 根室本線新得駅よりバスで約60分くらい。

泉質は、単純泉

源泉温度44℃

山田温泉の温泉街は、然別湖から北へ約2km進んだ原生林の中に、一軒宿の「山田温泉ホテル福原」が存在します。



| aristo380 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
北海道十勝支庁管内河東郡鹿追町 菅野温泉 日本百名湯にも選ばれています
北海道の温泉

菅野温泉(かんのおんせん)は、北海道十勝支庁管内河東郡鹿追町にある温泉です。

平仮名でかんの温泉と表記されて紹介されることも多いようです。

菅野温泉への交通アクセスは、

鉄道:根室本線帯広駅より宿の無料送迎バス。但し宿泊者のみ利用可能です。

車:道東自動車道芽室ICより約60分くらい。

泉質は、含芒硝重曹食塩鉄泉、含炭酸重曹食塩泉、重曹食塩泉、含硼酸重曹食塩泉、含石膏食塩泉、含硼酸重曹食塩泉、重曹硼酸食塩泉、含石膏食塩鉄泉

源泉温度35〜78℃

毎分湧出量2,850リットル

その効能の高さが知られており、「菅野で治らぬ病なし」と言われています。

菅野温泉の温泉街は、大雪山国立公園内、標高780メートルの然別峡に一軒宿の「かんの温泉」が存在します。

周辺には数多くの野湯も存在しています。

野営場の近くに鹿の湯が、然別峡ダム周辺にペニチカの湯、ピラの湯、メノコの湯、キヌプの湯、シリコトルの湯など多数存在します。

温泉地は、日本百名湯にも選ばれています。

菅野温泉の歴史は、一軒宿の開業は明治45年であります。

その効能から、戦前は陸軍の保養所が設置されていました。

昭和46年3月23日 - 厚生省告示第55号により、然別峡温泉として国民保養温泉地に指定されています。





| aristo380 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道十勝支庁管内河東郡鹿追町 然別湖畔温泉
北海道の温泉

然別湖畔温泉(しかりべつこはんおんせん)は、北海道十勝支庁管内河東郡鹿追町(旧蝦夷地、明治以降の旧十勝国)にある温泉です。

然別湖の西岸にあります。

然別湖畔温泉への交通アクセスは、石勝線、根室本線新得駅より北海道拓殖バス(鹿追営業所経由)で約70分です。

また、帯広駅からも北海道拓殖バス(音更町役場前・鹿追営業所経由)が出ています。

泉質は、塩化物泉、硫黄泉

源泉温度は71℃であります。

然別湖畔温泉の温泉街は、然別湖の湖畔に2軒のホテル型の温泉旅館が存在します。

一帯は大雪山国立公園の中に存在し、然別湖周辺の自然環境を保全するため、この2軒以外には宿はないです。

冬場、然別湖が凍結した際には、湖上に露天風呂が設営されます。

然別湖にのみ生息しているミヤベイワナ(鹿追町内の民間養魚場で養殖されたもの)を使った料理などが、夕食時の料理の一品として提供され、名物となっています。
| aristo380 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(6) |
北海道十勝支庁管内河東郡上士幌町 糠平温泉 ダム湖である、糠平湖畔に温泉街が広がっています
北海道の温泉

糠平温泉(ぬかびらおんせん)は、北海道十勝支庁管内河東郡上士幌町(旧蝦夷地、明治以降の旧十勝国)にある温泉です。

糠平温泉への交通アクセスは、

鉄道・路線バス:JR根室線帯広駅よりバスで約90分くらい。

十勝バスが運行しています。

道北バス、北海道拓殖バス、十勝バスの共同運行の都市間バス:旭川

〜帯広間の「ノースライナーみくに号」が停車する。糠平温泉からは、層雲峡・旭川方面への利用はできるが、帯広方面への利用はできません。

事前に予約が必要なので注意が必要です。

所要時間は層雲峡温泉までは約60分、旭川駅前までは約150分であります。

泉質は、単純泉、弱食塩泉

源泉温度50〜60℃

糠平温泉の温泉街は、

大雪山国立公園内、糠平湖近くの国道273号沿い、ダム湖である、糠平湖畔に温泉街が広がっています。

近くには北海道遺産に選定された、「旧国鉄士幌線廃線跡コンクリートアーチ橋梁群」があります。

旅館、ホテルは9軒存在します。

共同浴場は存在しないので、旅館ホテルの日帰り入浴を利用することになります。

また、三ヶ所の旅館・ホテルで日帰り入浴できる、湯めぐり手形もあります。

近くには糠平温泉スキー場、国設糠平キャンプ場があります。

大雪山国立公園の自然や膨大な数の昆虫の標本が展示されているひがし大雪博物館もあります。

温泉地近くには1987年に廃止された旧国鉄士幌線糠平駅跡には、上士幌町鉄道資料館が建っています。

糠平温泉の歴史は、

開湯は1919年(大正8年)であります。

当地にある旅館「湯元館」の初代館主が原生林の中に湧出する温泉を発見しました。



| aristo380 | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道十勝支庁管内中川郡幕別町依田 幕別温泉
北海道の温泉

幕別温泉(まくべつおんせん)は、北海道十勝支庁管内中川郡幕別町依田(旧蝦夷地、明治以降の旧十勝国)にある温泉です。


幕別温泉への交通アクセスは、

鉄道:根室本線帯広駅よりバスで約25分くらい。

泉質は、塩化物泉

源泉温度47℃

源泉の色は濃い褐色のモール泉 「美人の湯」とも呼ばれています。

幕別温泉の温泉街は、十勝平野の丘陵地に温泉地があります。

宿泊施設は2軒存在します。

共同浴場などはなく、日帰り入浴は旅館などの日帰り受付を利用することになります。

近隣にはグリュック王国、池田ワイン城などが存在します。

なお、温泉地の地名「依田」は、大沢温泉出身の依田勉三に因む。

幕別温泉の歴史は、

若山牧水も当地を訪れたことがあります。

昭和52年5月31日 - 環境庁告示第23号により、国民保養温泉地に指定されました。


| aristo380 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道十勝支庁管内河東郡音更町 十勝川温泉
北海道の温泉

十勝川温泉(とかちがわおんせん)は、北海道十勝支庁管内河東郡音更町(旧蝦夷地、明治以降の旧十勝国)にある温泉です。

十勝川温泉への交通アクセスは、

鉄道:根室線帯広駅よりバスで約25分くらいです。

泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

植物性腐食質などの有機物が多く含まれており、モール泉としても知られています。

なお、帯広市内の銭湯の多くも十勝川温泉とほぼ同泉質のモール泉を使っています。

北海道十勝川温泉の温泉街は、十勝川沿いに温泉街が広がっています。

白鳥の飛来地が隣接しています。



| aristo380 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道釧路支庁管内川上郡弟子屈町 和琴温泉
北海道の温泉

和琴温泉(わことおんせん)は、北海道釧路支庁管内川上郡弟子屈町(旧蝦夷地、明治以降の旧釧路国)にある温泉です。

所在地は北海道弟子屈町屈斜路和琴で、屈斜路湖の南側に位置する和琴半島の付け根に位置します。

和琴温泉への交通アクセスは、



国道243号と町道、弟子屈町の市街地から車で15分程度です。

鉄道

JR摩周駅が最寄だが、そこから車で15分程度です。


和琴温泉の温泉街は、ありません。

キャンプ場の近くに、整備された24時間入浴可能な露天風呂が1箇所と、和琴半島の遊歩道上に共同浴場が1箇所存在します。

また、民間宿泊施設としては近くに三香温泉が存在します。
| aristo380 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道釧路支庁管内川上郡弟子屈町字屈斜路 コタン温泉
北海道の温泉

コタン温泉(コタンおんせん)は、北海道釧路支庁管内川上郡弟子屈町字屈斜路(旧蝦夷地、明治以降の旧釧路国)にある温泉です。

屈斜路湖の南東の湖畔に位置し、24時間無料での入浴が可能です。

温泉の名称は地名の古丹(こたん:アイヌ語で「村」の意)に由来しています。

コタン温泉への交通アクセスは、



網走方面から
北海道道102号網走川湯線 → 国道391号 → 北海道道52号屈斜路摩周湖畔線へ

釧路方面から
国道391号 → 国道243号 → 北海道道52号屈斜路摩周湖畔線へ

電車

JR川湯温泉駅より阿寒バスを利用してください。

コタン温泉の温泉街は、露天風呂1のみです。

脱衣場は男女別であり、風呂も岩で仕切られていて分かれてはいるが、湖畔にあり特に目隠し板などで仕切っていないことから周囲からは見えてしまいます。

温泉の開湯・管理は地元の有志が行っています。

夜間騒ぐこと、温泉内での飲食は行ってはならないこととして明記されています。


| aristo380 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode