Page: 1/3   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
北海道上川支庁管内上川郡愛別町 協和温泉
北海道の温泉

協和温泉(きょうわおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡愛別町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉です。

協和温泉交通アクセスは、

鉄道 : 石北本線愛別駅下車バスで約15分くらいです。

泉質は、炭酸冷鉱泉

源泉温度9℃

協和温泉の温泉街は、

日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた「協和温泉」の一軒宿です。

源泉から2km離れたところにあります。

協和温泉の歴史は、

明治時代に開拓者が発見したとされました。

1969年-地元住民の共同出資で設立されました。

1988年-立替を行ないました。

| aristo380 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道留萌支庁管内天塩郡遠別町 旭温泉
北海道の温泉

旭温泉(あさひおんせん)は、北海道留萌支庁管内天塩郡遠別町(旧蝦夷地、明治以降の旧天塩国)にある温泉です。

旭温泉への交通アクセス

鉄道 : 宗谷本線幌延駅下車バス約1時間10分

泉質は、ナトリウム−塩化物泉(旭の湯)

源泉温度29.4℃

ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(富士見の湯)

旭温泉の温泉街は、日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた「旭温泉」の一軒宿だけです。

旭温泉の歴史は、

1979年-開湯

2005年-運営主体が遠別町観光公社から蠹賤亮其箸飽楷匹靴討い泙后
| aristo380 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道留萌支庁管内増毛郡増毛町 岩尾温泉
北海道の温泉

岩尾温泉(いわおおんせん)は、北海道留萌支庁管内増毛郡増毛町(旧蝦夷地、明治以降の旧天塩国)にある温泉です。

岩尾温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 留萌本線増毛駅下車バス約15分、大別刈バス停で乗り換えて約10分

泉質は、単純酸性泉

源泉温度13℃

岩尾温泉の温泉街は、日帰り温泉施設「増毛町営岩尾温泉あったまーる」のみです。

所在地は増毛町岩老(いわお)となっているが、温泉名は「岩尾」であります。

岩尾温泉の歴史は、2003年4月-老朽化した旧施設「夕陽(せきよう)荘」を移転新築して「増毛町営岩尾温泉あったまーる」として開業しました。
| aristo380 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
北海道留萌支庁管内苫前郡羽幌町 羽幌温泉
北海道の温泉

羽幌温泉(はぼろおんせん)は、北海道留萌支庁管内苫前郡羽幌町(旧蝦夷地、明治以降の旧天塩国)にある温泉です。

羽幌温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線幌延駅下車バス約1時間30分、または留萌本線留萌駅下車バス約1時間30分

泉質は、ナトリウム塩化物強塩泉

源泉温度33℃

羽幌温泉の温泉街は、日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた「はぼろ温泉サンセットプラザ」の一軒宿 だけです。

道の駅ほっと♥はぼろ内にあります。

羽幌温泉の歴史は、

1994年-開湯。当初は第三セクター羽幌観光開発が運営していました。

2004年12月-実質的な運営をアンビックス(札幌)に委託しました。

 
| aristo380 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道留萌支庁管内苫前郡苫前町 苫前温泉
北海道の温泉

苫前温泉(とままえおんせん)は、北海道留萌支庁管内苫前郡苫前町(旧蝦夷地、明治以降の旧天塩国)にある温泉です。

苫前温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線幌延駅下車バス約1時間50分または留萌本線留萌駅下車バス約1時間10分くらいです。

泉質は、ナトリウム−塩化物強塩泉

源泉温度48.5℃

苫前温泉の温泉街は、日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた新日本海地域交流センター「とままえ温泉ふわっと」の一軒宿 だけです。

道の駅風Wとままえ内にあります。

苫前温泉の歴史は、2002年-開湯です。
| aristo380 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道留萌支庁管内天塩郡天塩町 天塩温泉
北海道の温泉

天塩温泉(てしおおんせん)は、北海道留萌支庁管内天塩郡天塩町(旧蝦夷地、明治以降の旧天塩国)にある温泉です。

交天塩温泉への通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線幌延駅下車バス約20分

泉質は、ナトリウム-塩化物強塩泉

源泉温度38.9℃

ナトリウムイオンと炭酸水素イオンに富み、1キロ当りの成分総量は約33g。

濃口醤油色の温泉であります。

アンモニア系の臭いが強いです。

湯は循環で利用されています。

天塩温泉の温泉街は、日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた「てしお温泉夕映」の一軒宿 です。

天塩温泉の歴史は、2000年-開湯です。

 

| aristo380 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道宗谷支庁管内枝幸郡中頓別町 ピンネシリ温泉
北海道の温泉

ピンネシリ温泉(ぴんねしりおんせん)は、北海道宗谷支庁管内枝幸郡中頓別町(旧蝦夷地、明治以降の旧北見国)にある温泉です。

ピンネシリ温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線音威子府駅下車バス約50分
国道275号 道の駅ピンネシリの向かいにあります。

泉質は、ナトリウム・マグネシウム−炭酸水素塩・塩化物泉

源泉温度2.6℃

ピンネシリ温泉温泉街は、ピンネシリ温泉ホテル望岳荘の1軒宿です


ピンネシリ温泉の歴史は、

1985年-地元住民が中心となり掘削した結果、有望な源泉を発見される。

1987年-第三セクターの運営会社「中頓別観光開発」設立される

1989年-開湯

1992年-ホテル開業

| aristo380 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道宗谷支庁管内宗谷郡猿払村 さるふつ温泉
北海道の温泉

さるふつ温泉(さるふつおんせん)は、北海道宗谷支庁管内宗谷郡猿払村(旧蝦夷地、明治以降の旧北見国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線音威子府駅下車バス約2時間30分または宗谷本線南稚内駅下車バス約1時間40分くらいです。

泉質は、ナトリウム・塩化物泉

源泉温度31.9℃

PH値 9.9

さるふつ温泉の温泉街は、国道238号 道の駅さるふつ公園内に日帰り温泉施設「さるふつ温泉」と宿泊施設「ホテルさるふつ」があります。

さるふつ温泉の歴史は、1998年-開湯です。




| aristo380 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道上川支庁管内中川郡音威子府村 天塩川温泉
北海道の温泉

天塩川温泉(てしおがわおんせん)は、北海道上川支庁管内中川郡音威子府村(旧蝦夷地、明治以降の旧天塩国)にある温泉です。

天塩川温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 宗谷本線天塩川温泉駅下車徒歩約10分

泉質は、硫黄泉

源泉温度18℃

天塩川温泉の温泉街は、天塩川沿いの公園、リバーサイドパークの敷地内に1軒宿である「住民保養センター天塩川温泉」が存在します。

天塩川温泉の歴史は、大正時代後半から昭和初期にかけて、常盤鉱泉の名称で温泉が開かれました。

当初は飲泉による治療を目的とした温泉でありました。

一軒宿は1989年に開業しました。

当初は音威子府村営であったが、後に民間に営業委託されています。

 
| aristo380 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道上川支庁管内上川郡上川町有毒温泉
北海道の温泉

有毒温泉(ゆうどくおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡上川町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉です。

大雪山国立公園内のお鉢平カルデラの底部に位置します。

有毒温泉の名前の由来は、温泉とともに、強力な毒性を持つ硫化水素ガスが噴出していることによります。

交有毒温泉への通アクセスは、

層雲峡温泉の温泉街からロープウェイを利用し、黒岳5合目でリフトに乗り継ぎ、黒岳7合目からは徒歩約1時間で黒岳頂上です。

そこから徒歩30〜40分で、お鉢平一周登山道の北海岳ルート・北鎮岳ルート分岐点に到達します。

さらに分岐点から徒歩30〜40分でお鉢平展望台(北鎮岳への分岐点)に到達します。

そこからお鉢平の底部を眺めるのが一般的である。

後述するように、お鉢平内部は、有毒温泉から強力な毒性を持つ硫化水素ガスが噴出するために立ち入り禁止となっているが、時々、悪天候などにより登山道から外れてお鉢平の底部に迷い込む登山客などがいるといいます。

泉質は、

カルデラ南壁から見た有毒温泉、画像中央の薄黄色い湧き水が温泉と思われるかつて学術調査が行われた際に、3箇所から高温の温泉が湧出していることが確認されています。

なお、2006年7月時点での源泉は、カルデラ壁から見下ろせばカルデラ底から黄色い水が湧いているのが見えます。

何らかの温泉成分が湧出していると推察されるが、観察できない状態です。

また、湧き出し部分周辺約百mは一木一草も生えていません。

また、お鉢平から流れ出す赤石川の水は、源流が有毒温泉付近であるため、飲用することはできません。

温泉施設はありません。

宿泊施設はなく、浴槽などもない状態です。

アクセス道もありません。

温泉が湧出している場所に、天然の湯だまりがあるのみの野湯であります。

温泉とともに、強力な毒性を持つ硫化水素ガスが噴出しているため、立ち入り禁止となっています。

しばしば、温泉から噴出する硫化水素ガスの中毒により倒れたヒグマやキタキツネなどの野生動物の死体が見かけられることもあるみたいです。

また、昔、悪天候などにより登山道から外れてお鉢平の底部に迷い込んだ登山客などが、この温泉の湯だまりで入浴中に硫化水素ガスにより中毒死したこともあるといいいます。



| aristo380 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode